>  > 僕は知っていたんですよ

僕は知っていたんですよ

彼女は風俗店のホームページでもあまり扱いが大きくないんですけど、僕は知っていたんです。それは彼女が相当なポテンシャルを秘めているであろうことを。根拠はありませんでした。ただ彼女のルックスを見て、意地を張っているように見えるものの、本当はどこか繊細な部分もあるんじゃないか。どれも妄想ではあるんですけど、そんな気分になっていたんですよ。でもそんな自分の根拠のない予想は半分以上は当たっていたのかもしれません。彼女、口は悪いんです。でも目を見ていると何となく申し訳なさそうな、頑張りたいけど素直になれない。そんな雰囲気を出していたんですよね。普通だったらお客側が風俗嬢相手になんでそこまで気を使わなければならないって思うかもしれません。でも自分にとっては彼女のような存在の方が楽しみ甲斐があるんですよ(笑)ちょっと面倒くさいくらいの女の子の方が気分転換というか、普通じゃない楽しみ方が出来ますしね。だからその日は最高でした。

彼女の存在は大きいです

やっぱり最高に気持ちの良い思いを味わいたいんで、自分は風俗を利用するとしたら高級デリヘルを利用します。一回あたりの単価は間違いなく他の風俗に比べると高めに設定されていますが、働いている風俗嬢のあらゆるレベルが違いますよ。まず電話番をしているスタッフさんも話し方や接し方が他の同業者と比べると全く違う対応です。そこまで丁寧にするのかと言えるくらいに教育が行き届いていることが分かります。どんどん色々な思いを味わえるので、しっかりとした内容のサービスを受けることが出来ます。様々な対応を行えるということは、そのぶん引き出しがあるんですよね。自分の中では今回のデリヘル嬢はこれまで経験したことのなかったプレイを数多くしてくれましたので本当に満足をしています。確実に良いところを見つけることができる女の子って意外にも風俗では少ないんですよね。それだけに今回の女の子のレベルの高さ、そして存在の貴重さが痛いほど身にしみました。

[ 2016-11-16 ]

カテゴリ: 風俗体験談